黒メガネのウェブログ

黒メガネが気になった細かすぎる情報共有サイト

雑学

【雑学】鉄分だけでは不十分!?貧血予防に必要なものとは!?

投稿日:

ご覧頂きありがとうございます。

黒メガネです。

皆さん「貧血」の予防には何を摂るのが良いかご存知ですか?

有名なのはやはり「鉄分」ですよね。

実際に貧血予防で病院に行くとビタミン剤か鉄剤を処方されるのが一般的です。

しかしこの予防方法、ちょっとした落とし穴が存在するんです。

今回はそんなあまり知られていない正しい貧血予防の知識についてお話したいと思います。

鉄分だけでは貧血予防にならない!?

急に立つと「めまいがする」「ふらふらする」という貧血の症状は、血中に存在する「ヘモグロビン」の不足が原因です。

ヘモグロビンは、体内で酸素や栄養素を循環させる重要な役割を担っています。

貧血とは、このヘモグロビンが不足することで、酸素や栄養素の運搬に滞りが起きた状態というわけです。

またヘモグロビンは「ヘム鉄」という鉄分と「グロビン」というタンパク質で構成されています。

そのため、貧血が酷くなったら鉄剤などで鉄分を摂ることが有効とされています。

しかし、実はヘモグロビンにとってそれだけでは不十分なんです。

鉄剤で鉄分だけをカバーしても、ヘモグロビンは絶対に増えません。

お察しの通り、タンパク質も一緒に補給する必要があるんです。

ダイエット中に貧血に悩む女性は、愚直に鉄剤やひじきで補おうとしてしまいますが、残念ながらそれでは改善を望めません。

タンパク質は自らが食品で摂取する必要があるため、気づかずにいるといつまで経っても症状が良くならない恐れがあります。

貧血でお悩みの方は、是非タンパク質も積極的に摂取するようにしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回はあまり知られていない正しい貧血予防の知識についてお話させて頂きました。

鉄分の摂取が有効なことに間違いはありませんでしたが、同時にタンパク質の摂取も必要なことは知らなかった方も多かったのではないでしょうか。

貧血予防に最適な食材としてよく鶏のレバーが挙げられますが、これは事実です。

鶏のレバーはタンパク質、鉄分ともに豊富でまさに貧血予防にうってつけの食材といえます。

貧血にお悩みの方は今回の貧血予防の知識で、少しでも改善に繋がってくれれば嬉しく思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

-雑学

Copyright© 黒メガネのウェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.