黒メガネのウェブログ

黒メガネが気になった細かすぎる情報共有サイト

雑学

【雑学】ゴキブリは頭がなくても生きてる!?ウソ!?本当!?

投稿日:

ご覧頂きありがとうございます。

黒メガネです。

皆さん「ゴキブリ」どう思いますか?

残念ながら、好きな人はまずいないですよね。(汗)

不意に「ガサガサッ」と聞こえてくる音。

同時に襲われる強い不安感。

一度感じたら気になってしょうがない嫌な気配。

誰もが家の中には絶対に招き入れたくない存在、それがゴキブリだと思います。(ゴメンね、ゴキブリ...)

そんなゴキブリ、「頭をちぎっても生きている」という噂を聞いたことはないでしょうか?

「そんなことはあり得ない!」と思う方が多いと思いますが、実はこれ、昆虫生態学で実際に認められている現象なんです。

今回はそんなゴキブリにまつわる驚くべき実態についてお話したいと思います。

ゴキブリの驚異の生命力!!

何でも食べる雑食性と「1匹見たら100匹はいる」とも言われる驚異の繁殖力で、彼らは3万年も前から地球に存在していたとされています。

そして、前述した通り、ゴキブリが頭を失ってもしばらく生きていられることは、昆虫生態学で認められている事実です。

ゴキブリは頭を失って脳が指令を出せない状態になっても、胸部にある「食道下神経節」という器官が代わりに足を動かす役目を担います。

そのため、ゴキブリは頭を失ってもすぐには死なず、身体を動かすエネルギーが残っている間は生き続けられるんです。

ただし、頭部の神経節が失われた状態では活動そのものが制限されるため、結果的にはいずれ死んでしまいます。

それでも頭を失ったら即死する人間とは違って、餓死するまでの間かなりの時間を生きられるゴキブリの生命力は、まさに驚異的と言えるのではないでしょうか。

ゴキブリは目を合わせると!?

「ゴキブリは目を合わせると寄ってくる!」という噂も聞いたことがありませんか?

専門家によると、実はゴキブリが自らの眼で人間を識別して近づいているかどうかは不明なのだそうです。

ただ、人間の身じろぎで生じる風を触覚などで感じ取って動いている可能性はあるといいます。

発見したからといってあんまりジタバタすると、ゴキブリも活発に動いて思わぬ恐怖を味わうことになるかもしれませんよ。(汗)

まとめ

いかがでしたか?

今回はゴキブリにまつわる驚くべき実態についてお話させて頂きました。

ゴキブリの異常なほどの生命力と繁殖力には本当に驚かされますね。

昆虫はどれも驚くべき能力を有するものばかりですが、ゴキブリはまさに昆虫界のサバイバル王です。

今後も人間にとって好かれる存在になることは考えにくいですが、国によっては既に食材として扱われている側面も持ち合わせています。

出来ればその存在を忌み嫌うだけでなく、感謝も出来る存在に近づいていけば良いなと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

-雑学

Copyright© 黒メガネのウェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.