黒メガネのウェブログ

黒メガネが気になった細かすぎる情報共有サイト

雑学

【雑学】「コピ・ルアク」「イタチコーヒー」が高級な理由とは!?

投稿日:

ご覧頂きありがとうございます。

黒メガネです。

皆さん、なぞの超高級コーヒー豆「コピ・ルアク」をご存知でしょうか?

コーヒー豆のなかでもトップクラスの高価格帯で「100gあたり日本円で1万円前後」もする高級食材です。

日本では「イタチコーヒー」という名でも知られていて、コーヒー通の間でも憧れのコーヒーとして絶大な人気があります。

そんな高級食材の正体ですが、なんと「猫のうんちから取り出したコーヒー豆」のことなんです。

「どうしてそんなものが高級食材なの!?」そう思われる方も多いでしょう。(私もそうでしたw)

今回はそんななぞの高級食材「コピ・ルアク」についてご紹介させて頂きます。

なんで高級食材なの!?

なぞの超高級コーヒー豆「コピ・ルアク」はインドネシアが原産です。

「コピ」はインドネシア語でコーヒー、「ルアク」はインドネシアに生息する品種「マレージャコウネコ」の現地の呼び名です。

このマレージャコウネコは"本当に熟れた美味しいコーヒーの実しか食べない"という特性があります。

また、豆類の表皮は繊維質で消化吸収がされにくいため、食べた時のまま大便で排泄されることが多いです。

つまり「コピ・ルアク」は、この「マレージャコウネコの特性」と「豆類の吸収されにくさ」を利用して、本当に美味しいコーヒー豆だけを厳選して抽出した高級食材というわけなんです。

作り方は至ってシンプルで、まずコーヒー農園に植えられたコーヒーの木の果実をマレージャコウネコが食べます。

そしてマレージャコウネコの排泄物のなかから、未消化で残っていたコーヒー豆を農家がほじくり出し、洗浄・乾燥を経て焙煎されるというわけです。

ちなみに主な輸出先は日本や韓国、台湾などのアジア諸国が中心となっています。

高級食材とはいえ、ちょっと意外過ぎる抽出方法でビックリですよね。

マレージャコウネコすごいです。

他にもなぞのバリエーション!?

「コピ・ルアク」だけでも驚きですが、世界には他にも驚きの方法でつくられたコーヒーがまだまだ存在します。

タイではゾウの排泄物からコーヒー豆を取り出してつくった「ブラックアイボリー」というコーヒーがあり、台湾でもサルが果実を食べた後に口から噴き出したコーヒー豆だけを使った「モンキーコーヒー」というコーヒーがあります。

どちらも動物の本能や消化特性を利用したコーヒーなのでしょうが、なんとも言えないコーヒーですね。

一度飲んでみたいとは思いますが...w。

まとめ

いかがでしたか?

今回はなぞの高級食材「コピ・ルアク」についてご紹介させて頂きました。

「コピ・ルアク」の抽出方法には驚きですが、その過程を考えれば高級食材となってもおかしくはない代物でしたね。

他にもおかしなコーヒーがいろいろありますが、どれも一度は飲んでみたいと思える興味深いコーヒーだと思います。

次にコーヒーを飲むの時にはちょっとお店のメニューを調べてみてはいかがでしょうか?

もしかしたら「コピ・ルアク」や「イタチコーヒー」「ブラックアイボリー」「モンキーコーヒー」があるかもしれませんよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。

-雑学

Copyright© 黒メガネのウェブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.