黒メガネのウェブログ

黒メガネが気になった細かすぎるエンタメ情報共有サイト

マジック

初心者にこそオススメしたい 超有名な古典的マジック『チャイナリング』

更新日:

「チャイナリング(リンキングリング)」と呼ばれるマジックをご存じだろうか。

独立したいくつかの鉄の輪がチェーンのように連結したり、また分離したりする有名な古典的マジックだ。

誰でも一度くらいは見たことがあるだろう。

プロのマジシャンの方も多く演じており、初心者にはちょっと難しいように考えている方もいるかもしれない。

しかしながらこの「チャイナリング」、マジック初心者にこそピッタリな要素を多分に含んでいるのだ。

巧みに演じるためには絶え間ない努力が必要なマジックではあるが、基本的な演技ならば誰でも数日練習することで出来るようになる。

マジック初心者にこそ相応しい、マジックの『イロハ』を学べる「チャイナリング」の魅力をご紹介しよう。

マジックの基本『ミスディレクション』を自然と習得出来る

『ミスディレクション』とは、簡単に言うと【注意を逸らす】もしくは【狙った場所に注意を誘導する】ことをいう。

マジックの演技では多くの場合この『ミスディレクション』が活用されている。

「チャイナリング」も例外ではなく、実際に連結や分離する瞬間と、観客が『連結した!!』『分離した!!』と感じる瞬間を『ミスディレクション』を活用しズラすことで驚きが飛躍的に増す。

具体的には『まだ繋がってる...』と思っている時には既に分離させておいたり、『まだ繋がってない』と思っている時には既に繋げておくといった具合だ。

どんなマジックにも言えることだが、観客の期待を裏切ることが驚きを増幅させるポイントだ。

「チャイナリング」では、多くのマジックで重要な要素となる『ミスディレクション』技術を演技の中で自然と高めてくれる。

そしてその高められた技術は、他のマジックを演じる際にも心強い技術となって演者を支えてくれる。

私の個人的な考えになってしまうが、『ミスディレクション』技術が高まれば、それだけで仕掛けも準備も要らず自在にマジックが出来るとまで思っている。

それくらいマジックにとって重要な技術を演じることで自然と身に付けさせてくれる「チャイナリング」が、如何にマジック初心者の方に取り入れて頂きたいマジックなのか、その有用性を感じて頂ければ幸いだ。

シンプル故に強烈!! 予想以上の驚きを与えてくれるマジック

このマジック、現象は非常にシンプルで鉄のリングどうしが繋がったり外れたりするだけなのだが、繋がるリングの数を増やしたり、観客に繋がったリングを確認してもらう手順を踏むことで、予想以上に大きな驚きを与えることが出来る。

私の感覚では、『習得の難易度』『演技のバリエーション』『仕掛けのバレにくさ』などから『観客の驚き』を考えると、非常に高いパフォーマンスを持ったマジックであると言えるだろう。

演技にオリジナリティを与える 練習する程に発揮される高い自由度

「チャイナリング」は練習する程に確実に自由度が増していくマジックのひとつだ。

というのも、上達するとリングを連結するも外すも自由自在になり、自分なりのパターンで演技を組めて行けるようになるからだ。

もちろん初めに覚えるべき有効な演技手順というものは存在するが、練習していくうちに「ここで外した方が面白くないか!?」「ここは引っかかってた方が笑える」とか感じてくる。

覚えたマジックを自分なりに構築し直して、より自分らしい演技に再構成していくことは、実は上達していく上で非常に大切なことだと私は思う。

シンプルな道具と現象故に得られた高い自由度で、きっと演技する者のオリジナリティを引き出してくれるだろう。

最後に

正直、どんなに初心者の方にもオススメ出来て、練習する程にマジックに必要な様々な能力をここまで自然に上達させてくれるマジックは他にないと思っている。

加えて観てくれた観客に与えられる驚きも十分過ぎるものだ。

テンヨーからは小型だが4つのリングを使ったマジックが可能な「チャイナリング」も販売されている。

初めてマジックに挑戦してみる方やレベルアップを考えている方にも絶対にオススメなマジックなので、ひとつの有名な古典的マジックを習得する意味でも是非挑戦してみて欲しい。

-マジック

Copyright© 黒メガネのウェブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.