未分類

【閲覧注意】『Google翻訳の謎』日本語で「前科者」と入力すると!?

投稿日:2017年12月29日 更新日:

Google翻訳を使用して単語を調べていたとき、ある不思議な翻訳に出会いました。

日本語で「前科者」と入力すると、英語での翻訳に「President」と表示されたんです。

見た瞬間「はぁ?打ち間違ったかな?」と思いましたが、入力に間違いはありませんでした。

以下の画像をご覧ください。

不思議なのは右下の参考翻訳として表示されている『「前科者の翻訳』部分です。

この部分には上記の「President」という表記とはまったく関係なく

名詞

former convict 前科者

ex-convict   刑余者、免囚、前科者

old offender  重犯、前科者

と、ある種正常な翻訳回答が表示されている点です。

■「President」の意味

皆さんご存知の通りPresident」は一般的に『大統領』という意味で使用されています。

同じくGoogle翻訳を使用して英語で「President」と入力し、日本語翻訳を表示した結果が以下の画像です。

ご覧の通り、特に問題なく『大統領』と正常に翻訳され、右下の参考翻訳として表示されている部分についても『前科者』を想起させるような単語は見当たりません

■原因は?

考えられる原因として

●単純にプログラムの誤認識

●英語圏でのスラングの可能性

●Google独自の判断による特例的な翻訳

現状までに行った調査では明確な答えを見つけ出せていません。

しかし、この翻訳に少なからず闇を感じてしまうのは「私だけ」でしょうか……。

■最後に

思わぬところで遭遇した不可思議な翻訳。

真相を解明するために引き続き独自の調査を進めてみたいと思います。

この件に関して、何かしらの情報や考察をされた方がおられましたらコメント欄にてご報告いただけると幸いです。

続報をお待ちください。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした