黒メガネのウェブログ

黒メガネが気になった細かすぎるエンタメ情報共有サイト

Singer Song Writer Loops Basic

【使い方講座】黒メガネの「Singer Song Writer Loops Basic」VOL.3『インストールとアクティベーション』

投稿日:2017年10月20日 更新日:

【使い方講座】黒メガネの「Singer Song Writer Loops Basic」第3回目をご覧頂きありがとうございます。

今回は「Singer Song Writer Loops Basic」を実際に使うための『インストールとアクティベーション』についてお話ししたいと思います。

あまりソフトのインストール作業をしたことがない方や『アクティベーションってなに?』という方の参考になれば幸いです。

先にそれぞれの意味を簡単に説明しておきます。

『インストール』というのは、使用するパソコンで「Singer Song Writer Loops Basic」が扱えるようパソコンの中に必要なデータを取り込む作業のこと。

『アクティベーション』というのは、「使うパソコンはこれです」と提供元の会社に報告しライセンス認証することです。

アクティベーションをしなくても14日間は使用出来るようですが、忘れた頃に使えなくなっても困ると思いますので、しっかり先に手続きしておくことをお勧めします。

また注意事項として『アクティベーション』は予め”ユーザー登録”と”製品登録”が完了している状態でなくては実行出来ません。

ですので「Singer Song Writer Loops Basic」を購入後は、まず第一に”ユーザー登録”と”製品登録”を済ませておくようお願い致します。

その後に「Singer Song Writer Loops Basic」の『インストール』と『アクティベーション』を実行して実際に使える状態にしましょう。

それでは早速始めましょう。

『インストールしよう』

まずは「Singer Song Writer Loops Basic」の『インストール』です。※以降の操作中に「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は【はい】をクリックしてください。

1.ダウンロード版、パッケージ版でそれぞれ格納されている場所が違ってきますが『SSWLoopsBasic_Setup』というアプリケーションを起動します。

2.『Singer Song Writer Loops Basic セットアップ』ウィンドウが表示されるので【インストール】をクリックします。

3.インストールが完了すると表示されるウィンドウ内の【Singer Song Writer Loops Basic】をクリックします。

4.『Singer Song Writer Loops BASIC – InstallShield Wizard』が表示されるので【次へ(N)>】をクリックします。

5.【使用許諾契約の全条項に同意します(A)】にチェックして【次へ(N)>】をクリックします。

6.ユーザー情報を入力し【次へ(N)>】をクリックします。※以下参考

ユーザ名(U):【必須】適当に管理用のユーザー名を入力

会社名(C):【任意】必要があれば会社名を入力

シリアル番号(S):【必須】購入後に入手出来るシリアル番号を入力

7.使用するパソコンに合わせいずれかのプラットフォームを選択し【次へ(N)>】をクリックします。

8.プログラムのインストール先を選択し【次へ(N)>】をクリックします。

9.セットアップタイプの【完全(C)】にチェックして【次へ(N)>】をクリックします。

10.作成したいショートカットにチェックを入れ【次へ(N)>】をクリックします。

11.ファイルコピーの開始前に現在の設定を確認し問題がなければ【次へ(N)>】をクリックします。

12.『InstallShield Wizardの完了』と画面に表示されれば『インストール』は完了です。【完了】をクリックして画面を閉じましょう。

補足1:『OnlineUpdate』ウィンドウが表示され、最新のアップデータが見つかった場合には随時アップデートを行ってください。

補足2:続いて『ActivateCenterのインストールとアクティベート』を促される画面が表示された場合は【OK】をクリックし上記と同様の流れでインストールを完了してください。

『アクティベーションしよう』

次に「Singer Song Writer Loops Basic」の『アクティベーション』です。※以降の操作中に「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は【はい】をクリックしてください。

1.プログラムの中から『INTERNET』>『ActivateCenter』というアプリケーションを起動します。

2.『ActivateCenter』ウィンドウ内の【アクティベート】をクリックします。

3.事前に”ユーザー登録”と”製品登録”を済ませてあれば、アクティベートされます。※何か表示されるものがあれば必要に応じて操作を実行してください。

4.『ActivateCenter』ウィンドウ内「Singer Song Writer Loops Basic」の「アクティベーション状況」が”アクティベート済み”になれば『アクティベーション』は完了です。ウィンドウを閉じましょう。

補足1:『OnlineUpdate』ウィンドウが表示され、最新のアップデータが見つかった場合には随時アップデートを行ってください。

最後に

【使い方講座】黒メガネの「Singer Song Writer Loops Basic」第3回目をご覧頂きありがとうございました。

今回は「Singer Song Writer Loops Basic」を実際に使うための『インストールとアクティベーション』についてお話しさせて頂きました。

これでいよいよ「Singer Song Writer Loops Basic」を起動出来る状態になりました。

次回からは実際に「Singer Song Writer Loops Basic」の操作画面での扱い方をご説明していきます。

まずはスムーズに楽曲制作を始めるための『初期設定』についてお話ししたいと思います。

-Singer Song Writer Loops Basic

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【使い方講座】黒メガネの「Singer Song Writer Loops Basic」VOL.2『基本情報と魅力・特徴』

【使い方講座】黒メガネの「Singer Song Writer Loops Basic」第2回目をご覧頂きありがとうございます。 今回は「Singer Song Writer Loops Basic」 …

【使い方講座】黒メガネの「Singer Song Writer Loops Basic」VOL.1『講座の概要説明』

本記事をご覧頂きありがとうございます。 当講座ではAUDIO&MIDIループシーケンスソフト「Singer Song Writer Loops Basic」の使い方及び楽曲製作におけるヒントを …

【使い方講座】黒メガネの「Singer Song Writer Loops Basic」VOL.4『初期設定』

【使い方講座】黒メガネの「Singer Song Writer Loops Basic」第4回目をご覧頂きありがとうございます。 今回は「Singer Song Writer Loops Basic」 …