クロくろケンけん.com

知らないままじゃもったいない!知れば納得のおもしろ情報まとめサイト!

ゲーム考察

まだまだ現役「プレイステーション3」その魅力とは!?

投稿日:2017年8月24日 更新日:

スポンサーリンク

ゲームを愛するみなさん、こんにちは。

黒メガネです。

みなさんは今、どのゲーム機でゲームをしていますか?

ニンテンドースイッチ? プレイステーション4? Xbox One? 3DS?

はたまたスマホでゲームでしょうか?

どのゲーム機もそれぞれに魅力の詰まった夢のゲーム機たちですよね。

ただ私はそんな最新ゲーム機たちにも負けず劣らずの超優秀なゲーム機「プレイステーション3」にぞっこんです。

そこで今回は、そんな私のぞっこんゲーム機「プレイステーション3」の魅力を余すことなくお届けしたいと思います。

過去作を遊ぶなら断然「プレイステーション3」

他のゲーム機との圧倒的な違いであり、魅力となる、対応ゲームの多さを見ていきましょう。

初代プレイステーションのゲームディスクは起動可能で、セーブデータも専用のアダプターさえ用意すれば昔のメモリーカードもそのまま使えます。昔は高かった名作ソフトも、今なら中古で大幅に安く手に入りますし、「やりたかったけど買えなかったなぁ」や「もう一度始めて、じっくりやりこみたいなぁ」という気持ちを優しく叶えてくれます。またメモリーカードを持っていなかったとしても、ゲーム機内で「仮想メモリーカード」を作成することで、実際のメモリーカードなしでセーブデータを保存することも可能です。昔の鍛えたデータで懐かしくプレイするもよし。新たに始めて一からじっくりプレイするもよし。初代プレイステーションには未だに語り継がれる名作ソフトが本当に数多く存在します。そんな名作ソフトを一番快適にプレイ出来るゲーム機がプレイステーション3なんです。

残念ながらプレイステーション2のゲームディスクは起動出来ませんが、「プレイステーションストア」でソフトを購入・ダウンロードすれば、初代プレイステーションと全く同じ運用が可能です。

またこの「プレイステーションストア」で過去作を購入出来る「ゲームアーカイブス」ですが、初代プレイステーション、プレイステーション2はもちろん、懐かしのPCエンジンソフトまで購入・プレイ可能なんです。

ソフト収録数も充実しており、初代プレイステーション:728本、プレイステーション2:118本、PCエンジン:47本と、収録タイトルを眺めているだけでも楽しめるラインナップがそろっています。中古ショップで全然見つけられなかったソフトを発見した時はテンションも上がって思わず購入。なんてこともしばしば。しかもこれらはプレイステーション3:903本の収録ソフトとは別というから驚きです。また、この「プレイステーションストア」の利用に費用は必要なく、ネットに繋がる環境さえあればいつでも完全無料で利用出来ます。気軽にアクセス出来るので、ちょっとした空き時間にストアを見に行って、思わぬソフトが割引されていたりされていなかったりで一喜一憂出来ます。そうしているうちに隠れた名作とも出会っちゃったりするんですよね。

最新のグラフィックや機能を満喫出来る最新のゲーム機ももちろん魅力的ですが、複雑化する操作やゲームシステムに対し疲れが見え始めてきた私のようなプレイヤーには、今だからこそ過去の名作たちをじっくり堪能出来るプレイステーション3が、他のゲーム機にはない魅力を放っているんですよね。

スポンサーリンク

ゲームだけじゃない ワンランク上の動画再生機器に!?

言わずもがな、DVD、Blu-rayの再生に対応。その他MP4などの動画形式にも対応しており、データとしてゲーム機内に保存すれば、その動画をいつでも再生可能になります。

またプレイステーション3の優秀な動画再生用アプリも見逃せません。

amazonビデオ、NETFLIX、hulu、アニマックスPLUS、YouTubeと、主要な動画配信サービスを押さえています。

私も実際、パソコンでYouTubeやamazonビデオを観るより、プレイステーション3で観ている(流しっぱなし?)時間の方が圧倒的に長いです。

やっぱパソコンよりテレビはだいぶ画面が大きいですし観やすいです。またパソコンだと動画を観る時に食いつくように画面を見るので、観終わった後、なんか疲れていたり、肩が凝ったような感じになることが多いです。その点テレビで観れるとリラックス出来ますから、やはりいいです。

すでに10年以上前に発売されたゲーム機でパワー不足なんじゃないかと心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、私が普段YouTubeやamazonビデオを視聴している限り、全く不具合はありません。ぶっちゃけ私が両親の為に購入したテレビに接続するスティックPCよりも快適に動画を再生出来ている印象すらあります。(スティックPCが非力なのかな…)

とにかく何不自由なく動画を視聴、再生出来るプレイステーション3。もう実際ゲームはしないけど、YouTubeばっかり普段見てるよって人には中古で購入を勧めちゃっても問題ないくらい快適なやつです。

「プレイステーション3」を推す一番の理由

改めて振り返ってみても、やっぱりプレイステーション3は素晴らしいゲーム機でした。まだまだ、まだまだ私にとって活躍してくれるゲーム機に間違いありません。

プレイステーション3単体ではないですが、ちょっとコアな使い方をすれば、PSPやPS Vitaと連動させて、家でも外出先でも同一データを使用してゲームを進められたりします。私はこの方法で初代プレイステーションの「パラサイト・イブ」をクリアしました。(笑)

さて、ここまでいろいろ書いてきましたが、何を隠そう、私にとってプレイステーション3がまだまだ現役たりうる一番の理由ですが…

そう、プレイしたい名作ソフトがそれこそまだまだ多いんです。

多過ぎて最新ハードに移行出来ません。(汗)

特に初代プレイステーションはゲーム機革命とも取れるような大きな進化と変革を起こしたハードで、その大きな流れに運ばれて来たかのように数々の名作ソフトが世に生まれました。プレイステーション2、プレイステーション3にももちろんたくさんの優良ソフトがあって、やりきるのは難しいかもしれませんが、私はこの時代の代表ソフトをまだまだプレイし尽くせていません。納得いくまでにはまだ何年もかかるかもしれないですが、それでもプレイしたいソフトがたくさんあります。そんな夢のようなソフトが快適にプレイ出来るプレイステーション3。このゲーム機もまた私にとって夢のゲーム機なんです。

まとめ

最後の最後に個人的な理由と魅力で押し切ってしまいましたが、同じ理由で最新のゲーム機になかなか移行出来ないプレイヤーも結構多いんじゃないかな~とも思います。冒頭でお話しした通り、どのゲーム機もそれぞれに魅力の詰まった夢のゲーム機ですが、生産・発売も終了したゲーム機プレイステーション3のまだまだ大きな魅力たちを少しでも感じて頂けたのなら幸いです。

「これさえあれば」ってゲーム機がないところが、この業界の悩ましいところでもあり、選びがいでもありますよね。気になる最新ゲームばかりではなく、昔遊んだ懐かしいゲームややり込み直したいゲームなど、たまには一昔前のゲームにも目を向けてみてはいかがでしょう。

もしかしたら古いゲーム機の魅力に、再びふれることが出来るかもしれないですよ。

いや、プレイステーション3を選ばれたのなら、間違いなく感じるはずです!!(笑)

スポンサーリンク

-ゲーム考察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結局続けられなかった PS3版「ファイナルファンタジーⅩⅢ」考察

※本記事は、PS3版「ファイナルファンタジーⅩⅢ」の考察記事です。記事の内容にゲームのネタバレが含まれている可能性があります。ご注意下さい。 スポンサーリンク なぜ続けられなかったのか「ファイナルファ …

ミニスーファミ遂に発売!! 気になる売れ行きは!? 意外と残ってる!?

あの「スーパーファミコン」が手のひらサイズで帰ってきた。 2017年10月5日、多くのおっさんゲーマーたちが胸躍らせたであろうゲームタイトルを数多く収録し、発売前から何かと話題の多かった「ニンテンドー …

自分の知りたいゲームのレビュー項目について考えてみた

スポンサーリンク ゲームレビューを行う上で、一体どのような項目をレビューするべきか悩む。 一般的に多くのレビュアーが行っているような「面白さ」「操作性」「グラフィック」「サウンド」などの項目でいいのか …