クロくろケンけん.com

知らないままじゃもったいない!知れば納得のおもしろ情報まとめサイト!

トロフィー100%(PS3)

トロフィー100%になったのでPS3版「風ノ旅ビト」レビュー

投稿日:2017年9月10日 更新日:

※本記事は、PS3版「風ノ旅ビト」のレビュー記事です。記事の内容にゲームのネタバレが含まれている可能性があります。ご注意下さい。

スポンサーリンク

基本情報

PS3版「風ノ旅ビト」ソニー・コンピュータエンタテインメント

配信日:2012年3月15日

ジャンル:アドベンチャー

プレイヤー人数:1人

ストーリー

言葉は無い世界。

砂と共に流れる足跡。

心で繋がり、新たな自分に出会う旅。

どこまでも広がる砂の世界で、かつて存在したであろう文明を感じさせる遺跡を観る。

言葉の無い世界で、どこかにいる誰かと心で触れ合い、自分の存在を感じる。

目の前に現れる環境に身を委ね、目的も理由も自らが創り出す。

自分にしかないストーリーが、今始まる。

ゲーム概要

男とも女とも、性別があるかもわからない謎のキャラクターを操作し、目の前の環境に合わせて何を実行するか自分で考え、進んでいくゲーム。難しそうに聞こえるが、フィールドを探索する内に現れた気になるところをなんとなく調べているだけでギミックは稼働し、ステージは進んでいく。謎を解いてステージを進んでいくタイプのゲームであるが、謎を解いている感覚はほとんどないくらい、ごくごく自然に進めていけるだろう。「なにをすればいいのか」「どこへ向かえばいいか」など、基本的な説明もなくゲーム世界に放り込まれる形でゲームは始まるが、それ故プレイヤー自身で「何が出来るのか」「どこまでいけるのか」を一から調べていく。まさにゲームが始まって早々に「迷子」で、最初から最後までプレイヤーは「旅ビト」だと言えるだろう。

ゲーム中に操作方法やギミック攻略のヒントなどは一切表示されない。言葉どころか、人の認識出来る文字も出てこない作品で、画面に映し出されるのは「砂の世界」と「キャラクター」のみだ。故にプレイヤーの思考を妨げる要素もなく、世界の探索に没頭出来る。高い没入感がこの作品の売りの一つであろう。

本作の特徴の一つに、インターネット回線にゲーム機が繋がっている場合、ランダムでゲーム中のプレイヤー同士をひき会わせるランダムマッチングシステムがある。このマッチングシステムにより、同じ時間、同じフィールド上でプレイしているプレイヤー同士が、一緒にステージを攻略していくという構図が生まれる。しかし、言葉も文字も持たない世界、プレイヤー同士のコミュニケーションをどうとればいいのだろう。不思議なことに自然と心で繋がることが出来る。プレイヤーが操作キャラクターをもってして行える行動は限りなく少ない。しかし、その限られた行動の中で、いや限られているからこそ、プレイしている人の感情、気持ちを自分に出来る、自分の考える方法で全力で伝えようと試みる。相手に伝わったかどうかを正確につかむ方法はないが、きっとプレイヤーは誰しも「相手と繋がった」という感覚を感じることだろう。明確な意思伝達の方法がないが故、どんな国の人とでも、どんな年齢の人とでも、繋がることが出来るのではないかということを考えさせられた作品だ。こんなゲーム体験は、いままで存在したどんな作品でも体験出来ないと断言して良いだろう。また「一緒に」と言ったが、実はこのゲーム、マッチングしたからと言って必ず一緒に行動する必要もない。無視することも出来るし、勝手にさっさと次のステージに一人で進むことも出来る。まあ、プレイし始めの頃はベテランの「旅ビト」に攻略のヒントやトロフィー取得につながる特別なアイテム位置などを教えてもらえることも多いし、自分が知っていて相手が知らないようなら教えてあげたいといった気持ちにも自然となる。人それぞれ好みの分かれる部分だが、そこは自分の好きなようにプレイ出来る。まさに楽しみ方も、ゲームの進め方も、プレイヤー自身にすべて委ねる形で創られたゲームになっている。

所謂フルプライスの作品ではなく、PS3版のオンライン配信価格で1,143円(税抜)の作品だ。通常のゲーム程のボリュームはないが、本作でしか味わえない特別なゲーム体験の存在を考えると、安いと言っていいかもしれない。

スポンサーリンク

レビュー

レビューまでの総プレイ時間:7時間

1.ゲームの魅力や楽しいポイント

「一から自らの手ですべてを知る」

ストーリーも世界観も、操作方法も次の課題も何も提起してくれない。しかし、そこがこのゲームの魅力と言っていい。

わからないことは、自ずとプレイヤー自身で紐解いていくしかないが、その順序も過程もタイミングもプレイヤー次第。誠に自由なゲームデザインと言えるだろう。

また一度知ったことを利用し別の場所で応用する。そのスムーズな移換は「自ら興味を持ち、自ら考え、自ら行動した」結果に他ならないだろう。経験とは至上の知識と言える。

昨今の丁寧に一から十まで説明してくれるゲームも親切であるとは思うが、本作のようにあえて簡略な操作方法に仕上げ、「プレイヤー自身の発見」というテーマに注力した制作陣の挑戦とセンスに感動すら覚えた。

「美しく引き込まれる砂の世界」

見渡す限りの砂の世界。美しく表現されたその世界に、苦痛など感じるはずもなく、只々探索意欲をかきたてられた。広大な砂丘と舞う砂埃を観ているだけで興奮する。作品全体を観れば、魅力的なのは砂の世界だけではない。是非ともご自身で旅をし、その数々の世界を堪能してほしい。

「ランダムマッチング」

この部分は人によって意見が分かれそうな気もするが、私は楽しめた部分であり、本作の大切な魅力の一つと考える。

もともと私自身はインターネット回線を利用したマルチプレイ(協力、対戦)は好きじゃない。一部の非常識なプレイヤーの為に良い作品を不愉快な気持ちでプレイしたくないからだ。なので本作品をプレイする前は、この仕様に若干戸惑いがあった。

しかし、そのシステムが本作の長所とも取れる多くのコメントを観たことでプレイする決心がついたわけだが、結果その通りだったと言わざるを得ない体験を得た。言葉で説明するにはし難い体験で、上手く表現出来ず申し訳ないが、「たまたま同じ目的地に向かう人と出会い、二人とも行き方がわからない。お互いに気づいたことを知らせ合って、知らず知らずの内に妙な絆が生まれる。」ってな感じか。多分こんな体験するゲームは他にないと思う。

2.カスタマイズ性

ない。

3.難易度

とても簡単と言っていい難易度設定。操作キャラクターが死亡するといった概念もない。故にゲームオーバーという演出もなく、ある意味安心してプレイ出来る。ゲームの攻略による達成感を味わうよりも、雰囲気を存分に楽しむゲームと言っていい。ある程度コントローラーの操作に慣れた子供であれば、楽しくプレイ出来るかもしれない。

4.遊びやすさ

明確な区切りはないが、雰囲気がガラリと変わるステージがいくつかある。ここまでにしようと区切りがつけられる部分だ。私は世界観に引き込まれ、没頭するように一気にクリアしてしまったが。

ゲーム自体の遊びやすさ、とっつき易さという意味では最高だ。使用するのは「方向キー:移動」と「〇ボタン:波紋」と「✖ボタン:ジャンプ」だけ。ファミコンゲーム並みの簡潔な操作方法で、これ以上ない手軽さと言っていい。

5.ボリューム

本編をクリアするのにかかる時間はおよそ2時間程だろう。価格を考えれば仕方がない部分でもあるが、一般的な作品に比べてボリュームは少ないと言わざるを得ないだろう。ただ、マッチングプレイの楽しみもあり、繰り返しプレイしたくなる要素はある。プレイ出来る時間はかなり人によると思っていい。

6.自由度

かなり自由。いつ先に進んでもいいし、ギミックを起動させてもさせなくてもいい場所もある。2、3週するまでは毎回違う発見があるかもしれない。ステージ自体は一本道ではあるが、プレイスタイルはプレイヤーそれぞれに委ねられた自由度を持つ。

7.ゲームを有利に進める為に役立つプレイヤー能力

とくにないかもしれない。旅を楽しむ気持ちだけあればいい。

一部キャラクター操作が上手ければ飛び越せたり、省略出来るギミックはある。

8.テンポの良さ

いくつかのステージに分かれていて、1ステージ10分~15分位で攻略出来るように設計されている。サクサクテンポよく進められる感覚だ。謎解きの頻度やギミックの配置バランスも良いので、進行上ストレスに感じるような個所も少なく、気持ちよくプレイ出来る。

9.熱中度

プレイヤー自身がなにもわからない世界をひとつずつ紐解きながら旅をする感覚に、私は熱中出来た。旅が好きなプレイヤーならきっと同じ感覚を覚えてもらえるだろう。

10.やり込み度

やり込み度自体はさほどない。私の場合は一周目、世界観と謎解きを楽しみプレイし、二周目以降はトロフィーコンプの為の攻略プレイをした。マッチングが予想以上に楽しめるシステムだったので、その後も何周かプレイし楽しんだ。これと言って明確な課題もないので、目に見てわかるやり込み要素はトロフィーくらいではないだろうか。

総評まとめ【75点】

本作独特のゲーム体験が出来る。これに尽きる。

複数の楽しみ方やコンテンツが存在するわけではないが、それ故シンプルに面白い。

一般的なソフトの半分以下の価格で、このゲーム体験が出来るのなら安いと思える作品だ。

気になっている方には、是非ともご自身の目で観て探索して、本作を楽しんで欲しい思う。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

それでは、良いゲームライフを。

スポンサーリンク

-トロフィー100%(PS3)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トロフィー100%になったのでPS3版「SIMPLE500シリーズ Vol.3 THE 密室からの脱出 ~月夜のマンション編~」レビュー

※本記事は、PS3版「SIMPLE500シリーズ Vol.3 THE 密室からの脱出 ~月夜のマンション編~」のレビュー記事です。記事の内容にゲームのネタバレが含まれている可能性があります。ご注意下さ …

トロフィー100%になったのでPS3版「Urban Trial Freestyle」レビュー

※本記事は、PS3版「Urban Trial Freestyle」のレビュー記事です。記事の内容にゲームのネタバレが含まれている可能性があります。ご注意下さい。 スポンサーリンク 基本情報 PS3版「 …

トロフィー100%になったのでPS3版「NiGHTS into dreams…」レビュー

※本記事は、PS3版「NiGHTS into dreams…」のレビュー記事です。記事の内容にゲームのネタバレが含まれている可能性があります。ご注意下さい。 スポンサーリンク 基本情報 P …

トロフィー100%になったのでPS3版「チャイルド オブ ライト」レビュー

※本記事は、PS3版「チャイルド オブ ライト」のレビュー記事です。記事の内容にゲームのネタバレが含まれている可能性があります。ご注意下さい。 スポンサーリンク 基本情報 PS3版「チャイルド オブ …

トロフィー100%になったのでPS3版「Limbo」レビュー

※本記事は、PS3版「Limbo」のレビュー記事です。記事の内容にゲームのネタバレが含まれている可能性があります。ご注意下さい。 スポンサーリンク 基本情報 PS3版「Limbo」Playdead A …