黒メガネのウェブログ

黒メガネが気になった細かすぎる情報共有サイト

商品紹介

最高にスタイリッシュなトレッキングシューズ アディダス【TERREX AX2R MID GTX】

更新日:

ちょっとした山登りや長距離を歩く場合でも、足への負担を軽減するトレッキングシューズを履いているかいないかでは、そのあとの疲れ方に大きな違いが出てくる。

シューズに仕込まれた柔らかく優しいクッションや高いグリップ力、しっかりとした固定力などがその違いを生み出す要因だ。

私自身、登山は数える程しか経験がないのだが、長距離を歩くことは普段から結構ある。

私が購入した【TERREX AX2R MID GTX】というアディダスからリリースされているトレッキングシューズは、"登山"でも"長距離の歩行"でも"日常のタウンユース"にでも利用出来るという、使ってみて非常に満足出来るものであった。

私のように軽い山登りや長距離を歩くことが楽しみの方に、特にオススメしたいトレッキングシューズと言える。

靴はどうしても個体差が生まれてしまう"生き物"ではあるが、購入を検討している方の参考になるよう実際に使用して感じた使用感を可能な限り詳しくお伝えしたいと思う。

履き心地抜群「シューズ内面」編

シューズの内面は柔らかくそれでいてしっかりとしたホールド感のあるクッションのような素材で足全体を包み込むような構造になっている。

特に『土踏まず』の部分に盛られた高めのクッション素材により、足裏全体で接地を感じられ、疲れないどころか気持ちよくすらある。

今まで履いてきた靴の中で、ここまで『履き心地』の良い靴には出会ったことがない。

履いた瞬間に「これは疲れないな」と直感的に感じた、初めての経験をさせてくれた靴だ。

優れた防水性(ゴアテックス)とスタイリッシュなデザイン「シューズ外面」編

ゴアテックスというのは、高い防水性と透湿性を両立させた素材のことで、水蒸気は通すが雨は通さないという優れた性能を持っている。

およそアウトドア利用で遭遇する『雨の中』や『悪路』でも心配することなく使用することが出来、おまけに足蒸れも防いでくれる。

更にこれ以上ない性能に加えて見た目もスタイリッシュだと言うのだから感服する。

さすがに人それぞれで見た目の感じ方は違うので絶対はないが、パッと見山登りに履いていくような靴には見えないとだけ伝えておきたい。

総じて私としては機能も見た目も十分過ぎる程に満足出来るものであった。

意外と小さい!? 濡れた岩肌で滑る!?「注意点」編

実際に履いてサイズを確認出来るのであれば問題ないのだが、身近な店舗に在庫がなくネットで購入する場合も考えられるだろう。

その時に十分注意しなければならないことがある。

『靴のサイズ』だ。

実例として、私が普段履いている靴のサイズは『26.5cm』(同じアディダス製の靴)なのだが、本シューズのサイズは『27.5cm』でピッタリ過ぎる程ピッタリだ。

人によっては窮屈と感じる人もいるかもしれない。

いろいろ調べた結果、普段履いている靴の『+0.5cm』では小さいという意見が多いので、もしネットで購入する場合は少なくとも『+1.0cm』以上のものにした方がいい。

私自身、足の横幅はそこそこあると思っているのだが、それでも『+1.0cm』でピッタリなので、特徴的な足の人でなければ普段の靴のサイズ『+1.0cm』をオススメしておこう。

そして、もうひとつの注意点として『濡れた岩肌でグリップしづらい』という点がある。

『岩肌の上なんて歩かないよ』と思われる方もいるかと思うが、岩肌でなくとも『濡れてツルツルの面』であれば同じく滑る可能性がある。

もともとソールは『多方向へのグリップ力を最大化し、濡れた路面でも抜群のグリップ力を発揮するラバーアウトソール』と謳われているのだが、グリップ力向上と突き上げ感を分散する狙いでデザインされた『くさび型スタッド』により、およそ通常歩く面では高いグリップ力を確かに発揮するのだが、摩擦力の著しく少ない接地面に対し弱いという側面を持ち合わせてしまった。

気をつけて歩行すれば問題ない部分ではあるので、運用する際に気をつけるべきポイントとして頭の片隅に覚えておいて欲しい。

最後に

機能や見た目に履き心地と、靴に求めるおよそ大部分を満足させてくれるトレッキングシューズ【TERREX AX2R MID GTX】。

山登りをしたり長距離を歩いたりと、外に出かけて歩くことの多い方には本当にオススメ出来るトレッキングシューズだ。

普段履きとしても運用出来る靴なので、履き心地の良いブーツを求めている方にも是非とも参考にして頂ければと思う。

この記事があなたのより良い靴選びの参考になれたのなら幸いだ。

-商品紹介

Copyright© 黒メガネのウェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.